光陽社通信


2021/11/15 №11 受験対策問題テストの納品お知らせ

・2021年度 「受験対策問題テスト」を11月15日より、札幌市内並びに石狩管内の中学校へ
 随時納品いたします。
 ご不明な点は弊社または営業担当者まで宜しくお願い致します。
 



2020/12/18 №10 冬季休業日のお知らせ

誠に勝手ながら、2020年12月26日(土)から1月5日(火)まで冬季休業日とさせて頂きます。

 この期間のお問い合わせに関しましては、2020年1月6日より順次対応させて頂きます。

 お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。






2020/08/03 №9 夏季休業日のお知らせ

・誠に勝手ながら、2020年8月7日(土)から8月16日まで(日)夏季休業日とさせて頂きます。

 また8月3日(月)から8月21日まで業務時間短縮となります。

 この期間のお問い合わせに関しましては、8月17日より順次対応させていただきます。

 お客様にはご不便をお掛け致しますが、何卒ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。






2019/12/23 №8 冬季休業日のお知らせ

・誠に勝手ながら、2019年12月27日(金)から1月5日(日)まで冬季休業日とさせて頂きます。

 この期間のお問い合わせに関しましては、2020年1月6日より順次対応させて頂きます。

 お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。






2019/08/01 №7 夏季休業日のお知らせ

・誠に勝手ながら、2019年8月10日(土)から8月19日(月)まで夏季休業日とさせて頂きます。

 この期間のお問い合わせに関しましては、8月20日より順次対応させて頂きます。

 お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。






2018/12/21 №6 冬季休業のお知らせ。

誠に勝手ながら、2018年12月28日(金)から1月6日(日)まで冬季休業日とさせて頂きます。

 この期間のお問い合わせに関しましては、2019年1月7日より順次対応させて頂きます。

 お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。






2018/08/01 №5 夏季休業日のお知らせ

・誠に勝手ながら、2018年8月11日(土)から8月19日(日)まで夏季休業日とさせて頂きます。

 この期間のお問い合わせに関しましては、8月20日より順次対応させて頂きます。

 お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。






2018/02/23 №4 小学生用英語教材 ペンマンシップ‼

5年生からの教科化に向けて浜島書店から新刊が出ました‼

 浜島書店は約70年間にわたり中学校・高等学校で英語をはじめ、様々な教材を出版している歴史ある

 会社なんです。その浜島書店が教材を徹底研究し、小学5.6年生用英語教材を出版しました。


 👈詳しくは画像をクリック‼

 すらすらペンマンシップすらすらペンマンフォニックス すらすら英語ノート 
 価格 240円(税込)
 A4変形判32ページ
 教師用CD-ROM
 アルファベットカード
 価格 290円(税込)
 A4変形判40ページ
 教師用CD-ROM付
 アルファベットカード
 教師用解答・音声台本
 価格 150円(税込)
 A4変形判32ページ
 

 







2018/02/16 №3 ご要望多数につき公開‼(浜島書店教師用CD)

・教師用CDの収録内容が知りたい・・・っと先生方よりこんなお声をよく聞きます。

 まだ制作中などのため、お見せ出来ない事が多いのですが浜島書店発行〇〇の学習付属(教師用CD)の

 一部を公開しま

  
  国語 社会数学 理科 英語 

   ☝教科をクリック‼






2018/01/25 №2 これは便利‼ 正進社教師用DVD(お役に立ちMAX)

・正進社 教師用付録のお役に立ちMAXがインターネット上でも利用可能なんです‼

 従来の教師用DVDは一人につき一枚または学年につき1枚でした。

 

 お役に立ちMAXはインターネット環境があればどこからでも小テスト作成や図版の編集を行えますよ。

 まずは数学・社会・理科・音楽・家庭科から 参考資料👈    

 





2018/01/17 №1 図書教材ってなに?

ワークブック、ドリルブック、テストブック、ワークテスト、バラプリント、学習帳、

 ノート作業帳、ワークノート、日記帳などの総称です。詳しくはこちら👈


 "図書教材の変遷"
図書教材はいろいろな名称で呼ばれています。ワークブック、ドリルブック、テストブック、ワークテスト、バラプリント、学習帳、ノート、作業帳、ワークノート、日記帳……。

日本には古くから紙の教材(子ども向けの読み物・学習材=時代劇で、寺子屋などで音読したりして使っていますよね!)がありました。明治時代に入って国定教科書ができると、すぐにそれに準拠した教材もできています。

文明開化以降は、学校や家庭などで使われる教材は、紙の質や"本"としての質が飛躍的に向上しますが、当然、その内容や供給方法も発展していきます。

学習帳・ノート・図解・図絵・便覧・教科書や教授内容の解説書・虎の巻・単語帳……さまざまな形式の教材が生まれ、また書店販売や学校直販方式などいろいろな形で提供されるようになっていきます。
現在のような図書教材は、その地盤の上に、戦後急速に発展したものです。

学校用の教材は直販方式によって、その内容と供給方法の質を高め、先生方の信頼を得て、さらに種類も豊富になり、教材の役割・機能も高まっていきました。

そして、学校用の図書教材は、戦後は教材の代表格となっていったのです。現在でも、小・中学校用の図書教材は、専門の教材会社や教育出版社が制作発行し、学校直販方式により供給されるものが大半を占めています。 

掲載元 日図協・全図協HPより引用